痛みや副作用が少ない|免疫療法で癌にストップ|人類の天敵にトドメを

免疫療法で癌にストップ|人類の天敵にトドメを

痛みや副作用が少ない

	カウンセリング

切らずに治療が可能

癌になったとき、いくつかの治療方法が提示されます。初期の場合は、患部を切除することを勧められます。そのままにしていると進行して、他の部位に転移してしまうかもしれません。その前に切除すれば、転移を防げます。しかし切除するには手術が必要です。切らずに行える治療方法として放射線治療があります。体の外から放射線を癌細胞に照射し、死滅させることができます。放射線治療の種類によっても異なりますが、切る手術が難しい場合などに行うことができます。切る手術の場合、高齢者などだと体力的に難しい場合があります。体への負担が少ないので、高齢者や体力が弱っている人でも受けることができます。放射線設備のある病院で治療を受けることができます。

治療ができない臓器

癌ができて切除をする場合、医師が開腹などを行って、実際に患部を見ながらその部分を切除します。ですから、他の部分を切ったりすることは少ないです。放射線治療は、体の外から放射線を当てて行います。そのために、事前に癌の位置を調べておき、その部分にきちんと当てる必要があります。すべてにおいて放射線治療が行えるわけではなく、動きやすい臓器には適さないとされています。事前に場所を調べていても、呼吸などで幹部が動くとうまく照射できなくなるからです。ただし、一部の医師や医療機関においては、呼吸に合わせた照射を行う設備が登場しています。特別な設備と、それを扱える医師の技術が必要ですが、動く部位でも治療がどんどんできるようになるかもしれません。