呼吸器のがんに関して|免疫療法で癌にストップ|人類の天敵にトドメを

免疫療法で癌にストップ|人類の天敵にトドメを

呼吸器のがんに関して

	医者

がんに負けないために

人間ドックを受診する方が治療を増えていますが、やはり心配なのはがんの有無ではないでしょうか。早期の発見で治癒が可能な時代になってはいますが、やはりまだまだ死を連想する人も多いのではないでしょうか。がんの種類で最も厄介なのが、呼吸器系のがんだと言われています。心臓に近いことで手術が出来ないケースがありますし、仮に手術が出来たとしても呼吸器の機能が大幅に落ちてしまいます。とりわけ多いのが肺がんで、中でも肺腺がんの割合が高くなっています。肺腺がんは発見が遅れてしまうことがあり、見付かった際には既に手術が不可能なことがあります。咳や血痰が代表的な症状ですし、当てはまる症状があれば早期に呼吸器外来を受診して下さい。

CT検査に関して

肺腺がんの検査で有効的なのはCTですが、CTを更に進化させたのがヘリカルCTです。胸部を螺旋状に撮影することで、より小さながんを見付けることが可能になります。検査自体には痛みがありませんし、短い時間で済ませることが出来ます。肺腺がんの治療は手術が第一の選択肢になりますが、手術と放射線を組み合わせることで、治療の成果は格段に上がります。特に放射線治療は、患部に直接照射出来るようになり、副作用がほとんど出ない治療です。一ヶ月程度の治療になりますが、外来で行うことが一般的で、仕事を続けながら通院で行うことが可能になっています。身体に害を与えるような放射線の量ではないので、安心して受けられる治療ではないでしょうか。